11

20(水)

胆振の
明日の天気

曇り後晴れ

3 / 0

その他のスポーツ

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選が開幕

2019/8/17配信

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰り広げる。

 開会式では、苫小牧地区第一代表北光ファイターズの石村剣士朗主将が参加選手を代表し「各地区の代表としてみんなの思いを背負い、最後まで笑顔を絶やさず全力でプレーします」と高らかに宣誓。また開会式後には、動画投稿サイトなどでも話題の、女子軟式野球選手だったモデル椿梨央さんがサプライズで登場し、始球式のマウンドに。

 椿さんは、台風10号の影響で中止になった女子プロ野球ティアラカップ北海道大会で始球式を担当することになっていた。「緊張もあって自分ではあまり納得のいく球は投げられなかった」と謙遜(けんそん)するものの、小学生を前に力強い球を投げて会場を大いに沸かせた。

 苫小牧の少年野球チームリトルライオンズ出身の椿さん。少年野球場のグラウンドに立つのは久しぶりと言い「地元苫小牧で始球式をできるのはすごくうれしい。本当に良かった」と振り返った。苫小牧の野球少年少女に「やるからには上を目指して頑張ってほしい。特に女子プロ野球が注目されている。女の子ももっと練習し、プロを目指して苫小牧の野球を盛り上げて」とエールを送った。

 太陽杯には室蘭、胆振西部、登別、苫小牧、胆振東部の5地区から計7チームが出場。初日午前は、胆振東部代表の追分イーグルス―伊達ブルータイガーズを含めた2試合が行われた。苫小牧勢は同日午後の第3試合で拓勇ファイターズ―北星有珠の沢ホークスの苫小牧勢同士が激突。北光は18日の準決勝から登場する。

紙面ビューアー
ニュースカレンダー

週間ランキング

集計期間 11/13〜11/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から

クリップ保存しました
マイページへ
クリップ削除しました
マイページへ
会員登録するとクリップ登録機能が使えます。
詳しくはこちら