5

21(月)

胆振の
明日の天気

晴れ

22 / 10

アイスホッケー

苫小牧和光中が連覇 全十勝Aとの接戦制す-全国中学校アイスホッケー

2018/1/22配信

 2017年度全国中学校体育大会第38回全国中学校アイスホッケー大会(トーナメント戦)が18~21日、釧路市内で開かれ、北海道代表の和光が苫小牧勢初の大会連覇を成し遂げた。

 ディフェンディングチャンピオンとして挑んだ和光は、1回戦で岩手県選抜に19―1で大勝発進すると、2回戦の日光に8―3、準決勝の埼玉県選抜には12―1でそれぞれ勝利した。

 全十勝Aとの決勝は1点を争う接戦となったが、日々の厳しい練習で培ってきた体力を選手全員がいかんなく発揮。フォワードの山口凌(2年)、夏野晃輔副主将(3年)が共に2得点の活躍を見せたほか、GK長﨑凌大(同)も相手の攻撃を粘り強く抑え、4―2で勝った。

 神山太一主将(同)は「2連覇できるように、陸上や氷上の練習を頑張ってきたかいがあった」と胸を張った。

 日本中体連などが主催した今大会には、全国4ブロックの予選会を勝ち抜くなどした16チームが出場。19日からの競技3日間にわたって熱戦を繰り広げた。

週間ランキング

集計期間 05/14〜05/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から