5

24(金)

胆振の
明日の天気

晴れ

21 / 11

主要

札幌ラーメンショー開幕 全国から20店、初日にぎわう-26日まで

2019/5/14配信

 全国各地の有名ラーメン店が道都に集結した恒例のイベント「札幌ラーメンショー2019」(実行委員会主催)が14日、札幌市中央区の大通公園西8丁目広場で開幕した。今年は26日まで延べ12日間(20日は店舗入れ替えで休み)にわたり開催。第1幕(14~19日)と第2幕(21~26日)に分かれて計20店が出店する計画で、初日からにぎわっている。

 国内屈指のラーメンの本場・札幌から、ラーメンの魅力を全国、世界へ発信するのが狙い。今年で5回目の開催で、毎年10万人以上が来場する人気イベントだ。日本ラーメン協会、札幌市、札幌商工会議所、札幌観光協会などが実行委を組織し、主催。道や北海道経産局などが後援している。

 初夏のような日差しに包まれた初日は午前9時15分から、オープニングセレモニーを実施。日本ラーメン協会の松本潤一副理事長が「新しい元号の令和になって初のラーメンショー。今年も大通公園から12日間、熱く盛り上げたい」とあいさつ。実行委の幹部9人がテープカットし、イベントが幕開けした。

 第1幕では、東京の「初代けいすけ」や「黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン」など計10店が店開き。うち、京都の「ラー麺 陽はまた昇る」や宮城の「えびそば えび助」など6店がイベント初登場。初日からラーメンファンが続々と詰め掛けている。

 21日からスタートする第2幕にも計10店が出店予定。うち、山形の「新旬屋本店」、福岡の「ラーメン龍の家」など7店が初登場となる。

 イベントは入場無料で、各店とも1杯800円(税込み)で販売する。開催時間は午前10時~午後9時。昨年は約13万人が来場。主催者側は今年も期間中、10万人以上の来場を見込んでいる。

週間ランキング

集計期間 05/17〜05/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から