11

12(火)

胆振の
明日の天気

晴れ後曇り

13 / 6

北海道胆振東部地震

苫東厚真1号機が再稼働 節電要請を解除「安定的な運転可能に」

2018/9/19配信

 北海道電力は19日、胆振東部地震の影響で損傷し、緊急停止している苫東厚真火力発電所(厚真町、総出力165万キロワット)の全3基のうち、1号機(35万キロワット)が同日午前9時に復旧し再稼働を開始したと発表した。当初は18日中の再稼働を目指していたが、試運転の工程が遅れ、19日にずれ込んだ。経済産業省と北電は1号機の再稼働で電力供給の危機的な状況は脱したとして、需要1割減を目指す節電要請を解除した。

 北電の藤井裕副社長は18日午前に札幌市内で開いた記者会見で「きょう(18日)中に1号機は安定的な運転に移行できる」と見通しを発表していたが、ボイラー内で蒸気をつくる水の水質改善などに時間がかかり、再稼働時期は19日にずれ込んだ。北電では「17日から段階的に発電出力を上げながら試運転を行い、各機器の健全性に問題がないことを確認し、安定的な定格運転が可能な状態になった」と説明した。

 北電の電力供給力は1号機の再稼働で391万キロワットとなり、緊急時の本州からの送電分を含めると431万キロワットまで積み上がる見通し。ピーク需要は383万キロワットとみており、一定の余裕が生まれる。19日からはこれまでの節電要請を解除し、例年通りの冬に向けての「無理のない範囲での節電」に切り替えて協力を求めている。

 また、2号機(60万キロワット)については「10月中旬以降」、4号機(70万キロワット)については「11月以降」の復旧を目指している。

紙面ビューアー
ニュースカレンダー

週間ランキング

集計期間 11/05〜11/12

お知らせ

受付

苫小牧民報社から

クリップ保存しました
マイページへ
クリップ削除しました
マイページへ
会員登録するとクリップ登録機能が使えます。
詳しくはこちら