7

22(土)

胆振の
明日の天気

曇り一時雨

24 / 20

主要

新成人笑顔の門出 成人式に1254人出席-苫小牧

2017/1/9配信

 2017年の苫小牧市成人式が8日、市民会館で行われ、対象者の83・3%の1254人が出席した。晴天の中、真新しいスーツや振り袖に身を包んだ新成人たちは、大人への門出に自覚を新たにしていた。

 成人式は新成人から公募した9人の実行委員会が企画し、出席者の内訳は男性646人、女性608人。開始前から会場前では旧友との再会を喜び、話に花を咲かせる新成人たちの姿が見られた。

 今年の成人式テーマは「繋(つな)がり~つながり~」。式典では、実行委員の福澤誉さんと根田笑里さんが、和野幸夫教育長に向かい「私たちは、きょうという門出を迎えた喜びと感謝を胸に人とのつながりを大切にし、日々精進していくことを誓います」と成人宣言。岩倉博文市長は日本女性会議の開催や市の手話言語条例の制定に向けた取り組みをPRし「成人としての第一歩を力強く、しっかりとした自覚を持ち、この街や国のあすを担い、頑張ってほしい」と祝辞を述べた。最後に実行委員長の植村涼子さんが「これから、悩み立ち止まってしまうこともあると思うが自信を持ち、自分の選んだ道を歩いていきましょう」とあいさつした。

 実行委員会によるアトラクションも開かれ、駒大苫小牧高校吹奏楽局の演奏などで会場は盛り上がった。会場では市の子宮頸がん検診PRや、市選挙管理委員会などによる選挙啓発もあった。

 今年の市内の新成人は1996年4月2日~1997年4月1日生まれで対象者は男性745人、女性760人の1505人で昨年より15人少ない。出席率は昨年の79・7%より3・6ポイント高かった。

 この日は胆振東部4町でも成人式が行われた。各町の新成人は、白老145人、安平122人、むかわ89人、厚真49人。

週間ランキング

集計期間 07/15〜07/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から