11

24(金)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雪

2 / -2

その他のスポーツ

恵庭CCで国内トッププロ32人が競う 日本プロゴルフマッチプレー選手権

2017/8/17配信

 ネスレ招待日本プロゴルフマッチプレー選手権レクサス杯(ネスレ日本主催)が17日午前、恵庭市盤尻の恵庭カントリー倶楽部で開幕した。ホストの片山晋呉選手をはじめ、今季賞金ランキング2位につける宮里優作選手、2連覇を目指す時松隆光選手ら国内のトッププロ32人が出場。20日まで4日間にわたるトーナメント戦を繰り広げる。

 日本プロゴルフ協会主管、道、恵庭市、道観光振興機構、道体育協会などが後援。1対1でホールごとに勝敗を競う勝ち抜き戦方式のトーナメント。

 初日午前に1回戦がスタートし、参加選手は続々とティーショットを放った。1回戦では片山選手は小鯛竜也選手、宮里選手は塚田陽亮選手とそれぞれ勝負。今季賞金ランキング3位の今平周吾選手は武藤俊憲選手と対戦し、前回覇者の時松選手と宮本勝昌選手の争いも注目された。

 優勝賞金1億円。副賞としてレクサスの高級車「LEXUS RX450h F SPORTS」と航空会社スカイマークの全19路線の航空券1年分などが贈られる。

 大会は2014年にトッププロによるマッチプレー大会として初開催。4年目の今回はメジャー大会8勝、米ツアー通算39勝の実績を誇る往年の名選手、トム・ワトソン氏が大会グローバルアンバサダーに就任した。恵庭カントリー倶楽部での開催は3年連続となる。

週間ランキング

集計期間 11/17〜11/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から