11

21(水)

胆振の
明日の天気

雪か雨後曇り

8 / 1

主要

鵡川高吹奏楽部、全国大会出場 日本管楽合奏コンテスト

2018/11/7配信

 鵡川高校吹奏楽部が18日に東京都内で開催される、第24回日本管楽合奏コンテストに初出場する。部員7人の同部は、小編成の「S部門」で9月に行われた録音審査を通過。全国大会への切符を獲得した。部員たちは「練習成果を十分に発揮し、胸を張ってむかわ町に帰ってきたい」と意気込んでいる。

 同コンテストは、日本音楽教育文化振興会の主催。編成人数に応じてA(16~35人)、B(36人以上)、S(3~15人)の3部門に分かれ、録音審査による予選を通過した団体が本選に進める。全日本吹奏楽コンクールと並ぶレベルの高い大会という。

 S部門には道内3校(鵡川高校、旭川龍谷高校、佐呂間高校)を含む16校が出場。自由曲を一曲ずつ発表する。同部は予選と同じ「ストラクチュア3」(作曲・天野正道)を選曲。少人数編成でもメンバーの持ち味を発揮できる曲で、コンサートで演奏を重ねてきた。

 9月末に予選通過の通知を受けて以来、本番に向けて毎日2時間の合同練習をほぼ欠かさず続けている。

 顧問の青野貴文教諭は「真面目で負けず嫌いな部員が多い」と強調。「少人数編成で一人ひとりの責任は重いが、各自が役割を理解している」と目を細める。

 3年生の鍋城澪玖部長(18)は「応援してくれる家族や先生、町民に恩返しができるようベストを尽くしたい」と力を込めた。

週間ランキング

集計期間 11/14〜11/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から