10

22(月)

胆振の
明日の天気

曇り

18 / 11

主要

「先人に感謝」節目祝う 札幌で北海道150年式典

2018/8/6配信

 1869(明治2)年8月の北海道命名から150年を記念した式典(実行委主催)が5日、天皇、皇后両陛下も出席して札幌市豊平区の北海きたえーるで開かれた。実行委会長を務めた高橋はるみ知事は式辞で「先人の偉業に感謝し、50年先、100年先の世代に引き継いでいきたい」と決意を表明。アイヌ古式舞踊なども披露され、全道各地から出席した約2900人の道民と節目の年を祝った。

 かつて本道は「蝦夷(えぞ)地」と呼ばれていたが、幕末の探検家、松浦武四郎が1869年7月に「北加伊道」を含む六つの名前を明治政府に提案。同年8月15日に、太政官布告によって「北海道」と命名された。

 「先人に学び、未来につなぐ」をテーマとした記念式典は3部構成で開催。第1部はステージで両陛下が見守る中、進行。高橋知事が「個性豊かで魅力ある北の大地として発展してきた。共生の思いを大切にしながら、未来への新たなステージへ向け、確かな歩みを進めていきたい」とあいさつ。福井照沖縄北方担当相は北方領土問題に触れ「日露の平和条約締結へ粘り強く、環境整備に積極的に取り組んでいく」と祝辞を述べた。

 続いて、未来を担う若い世代を代表して江頭ひかるさん=帯広農業高2年=と飯田一生さん=札幌西高2年=の2人が、北海道200年に向けて力強く「青少年の誓い」を行った。

 この後、ステージでアイヌ民族の伝統芸能と地域の伝承芸能が共演。アイヌ民族文化財団などが勇壮に古式舞踊「イオマンテリムセ」などを披露したほか、道南地域で伝承される「松前神楽」や「江差追分」が登場して式典を盛り上げた。

 最後にアイヌの人たちのあいさつで「こんにちは」を意味し、新井満さんが作曲した「イランカラプテ~君に逢えてよかった~」(作詞秋辺デボ・新井満)を北大合唱団や千歳末広小児童のほか、出演者全員で大合唱。美しいコーラスを響かせた。

 式典に続き、両陛下は同じ会場で、むかわ町穂別で発見された国内最大のハドロサウルス科恐竜の全身骨格化石(通称・むかわ竜)を鑑賞。北海道大学総合博物館の小林快次准教授から説明を受けながら、天皇陛下は「日本では珍しいわけでしょうね。これだけそろっているのは。良いものが日本で出てきてよかったですね」と感想を述べ、興味深げに見入っていた。

 両陛下は同日夕、新千歳空港発の特別機で帰京した。

週間ランキング

集計期間 10/15〜10/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から