7

20(土)

胆振の
明日の天気

曇り

20 / 17

白老・胆振東部・日高

むかわのたんぽぽホールが来月、利用再開 胆振東部地震で設備損傷、限定使用

2019/4/11配信

 昨年9月の胆振東部地震で損傷して使用ができなかったむかわ町の多目的施設・四季の館にある「たんぽぽホール」の利用が来月1日から再開される。ただホール内にある移動式の客席の修理が終わっていないことから、限定的な使用に限られるという。

 たんぽぽホールでは、町内の各団体の総会やイベントなどがで利用されていたほか、機械で動く移動式の客席があり、コンサートでは移動客席が使われている。

 地震で、この客席が動かなくなり、天井に設置の照明器具が損傷するなどの被害が出ていた。そのため安全性を考えて利用を中止。毎年実施している成人式、学校吹奏楽部のコンサートなどが会場を変更するなど影響が出ていた。

 施設は避難所として活用されていたが、閉鎖された昨年11月以降に照明器具を点検。移動客席の頭上にある照明以外の修理を終えたことから来月1日からの利用再開となった。

 移動客席は特殊な構造のため、修理は部品の取り寄せなどの準備に時間がかかっているという。当面は、移動客席を使わない利用のみとする。町産業振興課は「早急に直して、本格的に利用ができるようにしたい」としている。

週間ランキング

集計期間 07/13〜07/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から