10

24(火)

胆振の
明日の天気

晴れ

16 / 8

白老・胆振東部・日高

「牛丼おいしい」 白老町全小中学校で郷土給食

2017/10/9配信

 白老町の全小中学校で6日、白老牛や地元の野菜を使った郷土給食が提供された。子どもたちは、白老牛の牛丼、野菜の入ったみそ汁やサラダを食べた。

 食材は阿部牛肉加工から白老牛100キロが寄贈されたほか、星椎茸園、A―NEXT白老ファーム、ファーム・アオノ、平野慎也さんが生産したダイコン、ホウレンソウ、キャベツ、ブロッコリー、シイタケを給食メニューに使用。献立は、子どもたちに毎年大人気の牛丼のほか、大根みそ汁、キャベツとブロッコリーのサラダが提供された。

 萩野小学校6年のクラスでは、給食メニューと使われた食材が紹介され、子どもたちは食材の多さに驚いた様子。安藤尚志教育長らも子どもたちと一緒に給食を食べ、白老の食材の豊富さや日頃の学校生活について懇談しながら、郷土給食を味わっていた。

 千葉麻央さん(11)は「白老牛は家でたまに食べることがある。牛丼は本当においしい」と語るとともに、「白老にこんなにたくさん野菜があることを知ることができた」と話した。

週間ランキング

集計期間 10/17〜10/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から