9

18(水)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

21 / 14

千歳・恵庭

千歳市と恵庭市、連携を協議 人口増目指す両市「高い相乗効果生む」

2019/6/18配信

 人口増加に向けた施策を展開中の千歳、恵庭両市は将来的な発展につなげようと、各分野で連携を模索している。4月から担当レベルの協議を始め、年内にも連携できる分野をまとめる考えだ。山口幸太郎千歳市長は「連携することで、より一層の発展が期待できる」と意義を強調している。

 千歳市議会の第2回定例会で、山崎昌則氏(自民党議員会)の代表質問に答えた。

 山口市長は「医療分野などでも連携を進めている」とこれまでの経緯に触れつつ、恵庭市と「連携の協議を進めている」と明らかにした。両市は道内でも数少ない人口増加都市で、市長は「互いに通勤、通学する方々も多く、交通アクセスや買い物などの生活圏を共有するなど、市民相互の交流が図られている」と述べて連携に意欲を見せた。

 3月に札幌市と連携協約を結んださっぽろ連携中枢都市圏、近隣自治体との広域連携の質問に対する答弁で、市長は「(自治体連携は)人口の増加などさらなる発展が期待できる」と説明。社会情勢の変化や市民ニーズの多様化などで一自治体では解決できない課題の対応、行政事務の効率化などの利点を挙げて「さまざまな分野の魅力や利点を相互に活用することで、高い相乗効果が生まれる」と述べた。

 さらに新たな広域連携の枠組みとして、北広島市を中心とした北海道ボールパーク圏域連携、石狩管内のプロスポーツを中心にした仮称「いしかり・プロスポーツ・みらい創り・プロジェクト」に期待を寄せ、「本市や北海道が発展を続けられるよう、さまざまな分野における連携について検討を進める」と述べた。

週間ランキング

集計期間 09/11〜09/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から