6

25(火)

胆振の
明日の天気

曇り後晴れ

22 / 15

千歳・恵庭

千歳初の「無人ホテル」 ピエス・チトセ・エスワン来月開業

2019/6/7配信

 不動産賃貸・仲介とマンション建設・管理のアセットプランニング(本社札幌市、及川学社長)が千歳市清水町1に建設していた長期滞在型ホテルPiece Chitose S1(ピエス・チトセ・エスワン)が7月5日オープンする。26室すべてがキッチン付きのコンドミニアムタイプ。タブレット端末によるセルフチェックインシステムを導入した千歳で初の「無人ホテル」となる。

 札幌市内で短期賃貸マンションを運営する同社ホテルの第1号。昨年7月に千歳の繁華街内で着工。ホテルの敷地面積は約496・5平方メートル。鉄筋コンクリート造りの地上8階地下1階建て。延べ床面積は1507平方メートル。総事業費は3億5000万円。

 1階はフロントと16台分の駐車場。2階は客室2室と厨房(ちゅうぼう)。3階から8階には客室が各4室。広さ24・6平方メートルのシングルと39~40・5平方メートルのダブル(2~3人)からなる。12室が2部屋を連結して利用できるコネクティングルームで家族やグループの利用が可能。

 ネット予約で宿泊を受け付ける。チェックインは多言語対応のタブレットで行う。ホテルには本人確認と決済を受け付ける機器を設置している。

 ターゲットは企業の出張や研修、訪日外国人旅行者など国内外の長期滞在者。

 各室にキッチン、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、トースター、炊飯器などを完備。料金はシングルルーム1泊9000円から。

 朝食はパンとスープ、ゆで卵、コーヒー、ジュースなどを無料でサービス。新千歳空港までの送りのサービスも。

 千歳進出について同社は「増大する観光客の受け皿になる。長期滞在者に安心で快適に過ごせる広さと高い利便性を提供し他ホテルとの差別化を図りたい」としている。

 同社は現在、電話で宿泊の予約を受け付けている。電話 011(211)1272。

 ITを駆使した「無人ホテル」は札幌市内などで増加傾向にある。2018年6月に改正旅館業法が施行され、フロントに代替する機能を有する設備を備え、宿泊者の安全や利便性の確保ができる要件を満たせば運営が可能になった。

週間ランキング

集計期間 06/18〜06/25

お知らせ

受付

苫小牧民報社から