7

17(水)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雨

20 / 16

千歳・恵庭

恵庭の魅力アピール、フードマップを刷新 カフェやレストラン50店紹介

2019/5/14配信

 恵庭市は市内の飲食店を掲載した「ENIWA FOOD MAP(恵庭フードマップ)」を発行した。カフェやレストランなど50店舗を写真付きで紹介し、恵庭の魅力を観光客にアピールしている。

 2017年3月に作成したグルメマップをリニューアルした。全ページカラーで、恵庭エリア35店、恵み野エリア9店、島松エリア6店を掲載。従来はパン、カフェ、スイーツなどが中心だったが、レストランやラーメン店、農園など幅広いジャンルを盛り込んだ。営業時間などの店舗情報に加え、店の外観や人気商品の写真も添えており、自分好みの店を探すことができる。

 旅行中の使い勝手が良くなるようデザインを変え、従来のA4四つ折りからA4観音開きにコンパクト化。アジア圏からの外国人旅行客が増えたことを背景に、日本語版に加え英語版、台湾など向けの繁体語版も作成した。

 エリアごとの全店に番号を振り、店ごとの距離を近い順に並べて掲載することで、複数の店を巡りやすいよう配慮。地図もシンプルなデザインに切り替えた。観光客が事前に旅行計画を立てる際に活用することを見込んでいる。

 マップは道と川の駅花ロードえにわ、JR恵庭駅などで無料配布しているほか、市ホームページから自由にダウンロードできる。初版は日本語1万部、英語1000部、繁体語2000部初版の計1万3000部を発行。今後も随時補充していく予定という。

 市花と緑・観光課は「フードマップを活用して観光客に恵庭の魅力を発信したい」と強調。「内容が一層充実したので恵庭市民にも使ってもらい、お気に入りの店を見つけてほしい」とPRする。

4言語に対応、訪日客向けグルメガイド作製-千歳市

 千歳市は訪日外国人旅行者向けにガイドマップを作製した。英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語の4種類で、千歳市のグルメ冊子「ちとせ×food」の中から10店舗を厳選して掲載した。

 言語ごとに5000部ずつを作成。市内のホテルやレンタカー会社、道の駅サーモンパーク千歳、まちライブラリー、千歳ステーションプラザ2階の観光案内所などで配っている。

 表面にお薦めメニュー。裏面に飲食の持ち込み禁止やチップが不要なこと、予約時間の厳守、お通しは有料など、日本の飲食店のシステムやマナーを各国の言語とイラストで紹介している。

 担当した市産業振興部商業労働課は「ホテル近くの外国人に対応ができている飲食店を抜粋した。日本式のマナーを理解して気持ちよく飲食を楽しんでほしい」とアピールしている。

週間ランキング

集計期間 07/10〜07/17

お知らせ

受付

苫小牧民報社から