11

21(水)

胆振の
明日の天気

曇り一時雪

6 / 2

千歳・恵庭

緑と語らいの広場 「えにあす」オープン

2018/4/2配信

 恵庭市緑町の複合施設、アルファコート緑と語らいの広場「えにあす」が1日開業し、オープニングセレモニーと内覧会が行われた。関係者約50人が出席し、JR恵庭駅前エリアに新たなにぎわいを創出する拠点の誕生を祝った。

 えにあすは民設の建物に保健センター、市民活動センター、子育て支援センター、学童クラブ、図書館などの公共機能と、民間事業者の宮の森スポーツ倶楽部、セイコーマート、FMいーにわが同居する、市内ではこれまでなかった形態の複合施設。

 セレモニーでは、建主であるアルファコート(本社札幌、川村裕二社長)の樋口千恵専務が主催者を代表してあいさつ。「自宅や職場・学校のほかに市民が居心地よく過ごせる第3の居場所をつくろうというコンセプトで設計した。官民がただ同じ建物に入るだけではなく、一体感のある空間で同じ時間を共有していきたい」と、今後の運営方針を語った。

 来賓の原田市長は「市のさまざまな機能がここに集約され、多くの市民が集う場所になる。完成した建物に魂を入れるのは、利用する市民の活動と笑顔。生きた施設になるよう民間と協力してやっていきたい」と期待を表し、田中芳憲道議も祝辞を寄せた。また、施設の放送機材を寄贈した玉川組、郷土建設の両社に感謝状が贈呈された。

 セレモニー後、玄関前でテープカットが行われ、原田市長、田中道議のほか、市議会の笹松京次郎議長、アルファコートの川村社長、宮の森スポーツ倶楽部を運営するフージャースウェルネス(本社東京)の伊藤晴康社長、セイコーマートを展開するセイコーリテールサービス(本社札幌)の小沼大介社長、FMいーにわを運営するあいコミの三浦孝史社長が紅白のテープにはさみを入れた。

 続いて行われた内覧会は、セレモニーに出席した関係者のほか、大勢の市民が新しい施設を一目見ようと集まり、にぎわいを見せていた。

週間ランキング

集計期間 11/14〜11/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から