9

23(日)

胆振の
明日の天気

曇り

21 / 15

高齢者施設めぐり

(7)特別養護老人ホーム・緑樹園 顔の見える関係で細やかな支援

2018/7/9配信

 苫小牧市内の社会福祉法人、緑陽会が運営する特別養護老人ホーム緑樹園は、東北・北海道初の認知症専門の特別養護老人ホームとして1985年に開所。30年以上にわたり、認知症の高齢者や身体介護を必要とする高齢者のケアに当たってきた。

 定員は50人。個室、2人部屋、4人部屋を備えている。これまでは施設全体でケアを行う「全体ケア」で介護を展開してきたが、6月からは入居者を十数人のグループに分け、日中のケアを行うグループケアを導入した。可能な範囲でグループを担当する職員も固定。顔の見える関係性できめ細かな支援を送れるよう、グループケアの在り方を検証している。将来的には10人ごとに分かれたユニットケアも視野に入れており、山崎剛園長は「従来型の施設でも工夫次第できめ細かな支援ができることを実践したい」と話す。

 家族と入居者が楽しい時間を過ごせるよう、交流イベントも頻繁に開催。夏には一大行事の夏祭りも行っている。

 入居の対象は原則、介護3以上の介護認定を受けた人。利用料金は収入に加えて個室、多床室で異なる。例えば要介護3で、世帯の中に市民税の課税者がいるなどして軽減措置がない場合は多床室で月額9万6383円、個室で10万5993円となっている。

 メモ
 ▽園長・山崎剛さん
 ▽所在地・苫小牧市樽前220の5
 ▽連絡先・樽前緑樹園 電話0144(67)3620 

週間ランキング

集計期間 09/16〜09/23

お知らせ

受付

苫小牧民報社から