10

24(火)

胆振の
明日の天気

晴れ

16 / 8

その他のスポーツ

千歳空港CC3連覇 とまみん杯クラブ対抗ゴルフ

2017/10/6配信

 2017とまみん杯クラブ対抗ゴルフ大会(苫小牧民報社主催、大会参加各クラブ後援)が5日、苫小牧市錦岡の北海道ゴルフ倶楽部・ライオンコースで開かれた。千歳空港カントリークラブがトータル416で3年連続15度目の優勝を飾った。個人では千種信介(千歳空港)が75ストロークでベストスコアラーに輝き、団体と合わせて2冠を達成した。

 秋恒例となった伝統の団体タイトルを懸けた戦いは、千歳空港が他の追随を許さず、抜け出した。トップスコアの千種に次いで、田中大樹が79、ベグリー誠が81でラウンド。421でニドムクラシックコースが2位に続き、昨年2位のエミナゴルフクラブが3位に続いた。この後、アイランドリゾート御前水が4位と飛躍し、ホーム開催の北海道ゴルフ倶楽部が5位に食い込んだ。

 一方、個人の争いは千種に続く1打差の76で矢部雅則(エミナ)が2位に入り、さらに2打差の78で2人が並び、カウントバックにより飛山和幸(ニドム)が3位、秋野一浩(ちとせインター)が4位。田中大樹が5位だった。

 今大会は市内をはじめ、東胆振、日高の14クラブから代表選手6人のアマチュアゴルファー総勢84人が出場。18ホールストロークプレーを繰り広げ、上位5人の合計スコアで順位を競った。

 競技終了後の表彰式で、大会長の宮本知治苫小牧民報社議長は「一生懸命練習して、少しでも良い成績を残せるように頑張っていただきたい」と来年への期待を語り、大会を締めくくった。

週間ランキング

集計期間 10/17〜10/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から