10

24(火)

胆振の
明日の天気

晴れ

13 / 6

その他のスポーツ

苫ガイラルディア「春夏連覇」へ出陣 5日開幕全日本女子軟式野球

2017/8/4配信

 第28回全日本女子軟式野球選手権大会が5日、東京都江戸川区で開幕する。北海道第1代表として出場する苫小牧市内の女子軟式野球チーム、苫小牧ガイラルディアは1回戦で兵庫県尼崎市のモンスターズと対戦。道内勢初となる全国大会「春夏連覇」に向け、出陣する。

 5月に愛知県で開催された全国選抜交流碧南大会を制した後、6月に札幌であった春季北海道大会でも8チームのトーナメントを勝ち抜き、道大会では昨秋に続く連覇を達成。特に今年に入ってから公式戦で負けなしと例年以上に勢いがある。

 7月下旬、大会前最後に行った地元の男子中学生との練習試合では1勝1敗。この中で大滝裕生雄監督は「打つのは四球だったり、エラーだったり、走塁で点数を取ることもできる。ヒットは打てなくても点を取る方法はある」と強調。春の碧南大会を3試合連続完封で勝ち切った時同様、あくまで「投手を中心とした負けない野球」を全日本選手権でも見せるつもりだ。

 大会は、全国各地の地区予選を勝ち抜いた32チームが出場。7日まで3日間にわたるトーナメントで栄冠を競う。ガイラルディアは順当に勝ち上がれば、準々決勝で前回大会の覇者ダラーズ(石川県白山市)、準決勝で碧南大会の決勝でも戦った千葉マリンスターズ(千葉県船橋市)が待ち受けるブロックに入る。ダラーズには昨年、2回戦で負けており、今回が雪辱戦。千葉は3連覇を含め過去に6度の全日本選手権優勝を誇る強豪で激戦は必至だ。

 捕手の田中莉子副主将は「5月の碧南大会、6月の全道大会で優勝して勢いがあると思うし、チームの雰囲気も良い」と語り「今回は自分が引っ張っていかなければいけない立場。ダラーズに勝って、千葉戦に勢いを付けられたら」と意気込む。

週間ランキング

集計期間 10/17〜10/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から