7

22(土)

胆振の
明日の天気

曇り一時雨

24 / 20

その他のスポーツ

組み合わせ決まる 第55回大鷲旗争奪苫小牧朝野球

2017/5/15配信

 第55回大鷲旗争奪苫小牧朝野球大会(6月1日開幕、とましんスタジアム=苫小牧市営緑ケ丘球場=、清水球場)の主将会議が13日、市労働福祉センターで開かれ、A、B両ブロックトーナメント(Bブロックは一部三つどもえ戦を採用)の1、2回戦、敗者復活戦の組み合わせが決定した。昨年優勝の下川原アルミ工業は大会2日目の2日、Aブロック1回戦で日本通運苫小牧と激突する。

 開会式前、各チームの代表者が受け付けした順番で抽選を行い、引いたくじ番号に沿って、空白の枠を埋めた。Aブロックは、下川原アルミの他、昨年準優勝のオールスターMI、3位の鮨勝フレンズなど実力チームが集中。オールスターは9日にマシン倶楽部、鮨勝は7日に小嶋クラブとそれぞれぶつかる。

 一方のBブロックは、2年ぶりの優勝を狙うクリーン開発が1回戦で共栄重車輌を迎え、いきなり厳しい戦いが予想される。この他では、昨年4強入りのオールドボーイがちぇいさぁを迎える。アイケー工業BC、苫小牧ヤンキースも上位進出を狙ってきそうだ。

 大会は苫小牧民報社が主催し、市と北海道軟式野球連盟苫小牧支部、市体育協会の共催。55回目を迎えた今回は昨年より4チーム減の職域、クラブの47チームが出場。2~3カ月にわたって、伝統の大鷲旗を懸けた激闘を繰り広げる。

 試合開始はいずれも午前5時30分。初日の開幕戦はAブロックが1回戦、苫小牧高専―タイヤ屋クラブ(とましんスタジアム)、Bブロックはリーグ戦で苫小牧市立病院―勝兵衛クラブ(清水球場)のカードとなっている。

週間ランキング

集計期間 07/15〜07/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から