2

18(月)

胆振の
明日の天気

曇り後雪か雨

7 / 0

アイスホッケー

新監督に桜井コーチ 王子イーグルスが新陣容発表

2014/5/23配信

 王子イーグルスは新体制を発表し、23日、苫小牧市表町の合宿所で新任スタッフと新入部員の記者会見を行った。2010~11年シーズンから13~14年シーズンまで4季チームを率いた山中武司氏(43)が監督を退き、コーチの桜井邦彦氏(42)が新監督に就任した。桜井新監督は「4年間、山中前監督の元で学んだことを生かして自分の色を出しつつ、最後に選手と一緒に喜べるようなチームにしたい」と語り、4季連続リーダーズフラッグを獲得した実力の継承と、プレーオフの頂点への向けた発展を目指す。

 桜井氏は1991年から10年までFWとして王子でプレー。10~11年シーズンからコーチとしてチームの攻撃面を中心に山中氏をサポートしてきた。「前監督と共にやってきたチームづくりは間違っていない。ホッケーへの取り組み方、試合後の反省の方法などを受け継ぎ、ここ一番の戦い方を発展させたい」と構想を話した。

 また、02年からプレーしてきたDFのアーロン・キャラー(39)が選手を引退し、コーチに就任する。キャラー氏は「山中監督の元で勉強できた。守りをベースに攻めるスタイルにいろいろプラスしていきたい」。桜井新監督も「彼のアイデアをスタッフ側で生かし、若い選手を自分のように育ててほしい」と期待を込めた。

 この他、DF山田虎太朗=早大出身=さん(22)が入部するほか、16シーズンプレーしたDF川島誠(35)、12シーズン在籍したFW斉藤毅(33)両選手が退部。主将はDF芳賀陽介選手(28)、副主将にはFW佐藤翔(30)、佐々木一正(25)各選手がそれぞれ就く。

 新人の山田選手は、駒大苫小牧高から早大に進学し、世界選手権日本代表に選ばれた経験もある。身長185センチの恵まれた体格を生かしたダイナミックなプレーが持ち味の選手で、背番号は6。「まずはチームに慣れ、新人王などの個人賞も視野に入れてプレーしたい」と決意を述べた。

週間ランキング

集計期間 02/11〜02/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から