5

24(金)

胆振の
明日の天気

晴れ

21 / 11

アイスホッケー

日本製紙、70年の歴史に幕 アジアリーグファイナル3連敗で準優勝-アイスホッケー

2019/3/15配信

 アイスホッケーアジアリーグ・プレーオフファイナル(決勝)=3勝先勝方式=の第3戦が14日、ロシアユジノサハリンスクで行われた。今季限りでの廃部が決まっている日本製紙クレインズ(レギュラーリーグ4位)は延長戦の末、3―4でサハリン(ロシア=同2位)に惜敗。通算成績3敗となり、準優勝に終わった。

 ホーム釧路で2連敗を喫し、敵地に乗り込んで迎えた第3戦。日本製紙は現地ロシアと地元釧路で開催されたパブリックビューイングの声援を受け、第3ピリオド開始早々までに3点のリードを奪った。しかし、そこから徐々にサハリンの追い上げを受け、第3ピリオド残り56秒で同点に。サドンデス方式の延長戦でも粘り強く戦ったが、最後に決勝ゴールを許して力尽きた。

 これで今季のアジアリーグは全日程を終了。創部した前身の十條製紙からおよそ70年にわたる歴史に幕が下り、「日本製紙クレインズ」は31日付で解散となる。

週間ランキング

集計期間 05/17〜05/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から