8

17(金)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

23 / 14

アイスホッケー

新入団2選手と新コーチ会見 王子イーグルス

2018/6/5配信

 アイスホッケーアジアリーグの王子イーグルスは4日、苫小牧市表町のチーム合宿所で新入団のFW泉翔馬(22)、FW小林斗威(19)とコーチに就任した今洋祐氏(39)らの記者会見を開いた。泉、小林の両選手はいずれも苫小牧出身とあって、「小さい頃から王子でプレーしたいと思っていた。ホッケーをやっている子供たちの目標になる選手になりたい」と口をそろえた。

 これまでロシアやスウェーデン、デンマークでプレーした経験を持つ泉は、地元チームへの憧れから「いつかは苫小牧に戻ってきてプレーしたいと思っていた。向こうにいた時もそれは頭の隅にはあった」と今回の経緯を説明。スピードとハードワークを生かし、「トップライン、スペシャルプレーに立つことを意識していく」のはもちろんだが、海外の中でしのぎを削り培った経験を踏まえ、「いかにチームに貢献するかビジョンを考えたい。ブロックショットやバックチェックなども含め、チームファーストでプレーしたい」と攻守にわたって活躍を誓う。

 一方の小林は高校時代、主将としてリーダーシップを発揮した他、ゲームメークにたけたセンタープレーヤーとして活躍。ここぞという場面の得点力も持ち合わせており、「ルーキーだが、今のレギュラー陣を脅かす存在になりたい。新人王を取れるように頑張る」と意欲を語った。コーチに就任した今氏は「新たなホッケーを勉強していかなければいけない。現メンバーの半分は(王子在籍時代に)一緒にやっていたし、敵としても戦っている。良いところ、悪いところは分かっているつもり。まだまだ成長してもらわなければならないので、練習からコミュニケーションを取っていく」と話した。

 会見に出席した桜井邦彦監督は「サハリン(ロシア)、アニャンハルラ(韓国)を見ると、オフェンス、ディフェンス、キーパーごとにコーチを配置し、細かく見ている。そこでイーグルスもFWのコーチを迎え、優勝へ導くための準備を進めた」と新コーチを招いた経緯について説明。新加入の2人には「小さい頃から(日本リーグでプレーした)父親と同じ舞台に立ちたいと思ってやってきた選手。アジアリーグでプレーするのは僕も楽しみだし、これも苫小牧ならではのこと。子供たちの憧れ、目標にする選手になってほしい」と期待を寄せた。

週間ランキング

集計期間 08/10〜08/17

お知らせ

受付

苫小牧民報社から