9

20(木)

胆振の
明日の天気

晴れ

23 / 16

アイスホッケー

王子イーグルス、来季優勝ファンに誓う シーズン終了報告会開く-IHアジアリーグ

2018/4/9配信

 アイスホッケーアジアリーグで4季ぶりの準優勝を飾った王子イーグルスは7日、苫小牧白鳥王子アイスアリーナで2017―18シーズン終了の報告会を開き、来季の優勝を誓った。久慈修平主将は感謝の言葉を述べ、「一回りも二回りも大きくならないと優勝はできないと感じた。来季も熱い応援をよろしくお願いします」と詰め掛けたファンにあいさつした。

 地元ファンの温かい拍手に包まれた中、選手、スタッフが入場。桜井邦彦監督は「やっていてすごく楽しかったし、このメンバーで勝ち進んでいきたいと思った。皆さんの支えや励ましがあり、共に歩んできたシーズンだった」と振り返った。各選手によるスピーチでは山下敬史副主将が「来季はもっといい順位で報告ができたら」と話し、三田村康平副主将は「ファイナル(決勝)まではいったが、来季こそ優勝したい」と宣言した。

 王子は今季、レギュラーリーグ8チーム中5位。ギリギリでプレーオフ5枠に滑り込む苦戦を強いられたが、年明け国内4チームで競ったジャパンカップで優勝。弾みを付けたプレーオフでは粘り強い戦いでファーストラウンド(1回戦)、セミファイナル(準決勝)を勝ち上がり、4季ぶりの決勝に進出した。

 あいさつの後、交流会の時間が設けられ、選手たちはサインや記念撮影に応じるなどして地元ファンと和やかな時間を過ごした。

週間ランキング

集計期間 09/13〜09/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から