11

21(水)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雪

6 / 2

アイスホッケー

王子イーグルス力尽きる アジアリーグプレーオフファイナル

2018/4/2配信

 【韓国安養市・石川鉄也】アジアの頂点を決めるプレーオフファイナル(決勝)=5試合3勝先勝方式=の第4戦が3月31日、韓国安養市のアニャンアイスアリーナで行われた。6季ぶりの優勝を目指した王子イーグルス(レギュラーリーグ5位)は先制点も及ばず、1―3でアニャンハルラ(韓国=同2位)に惜敗し、通算成績1勝3敗で準優勝に終わった。ハルラは3季連続5回目の優勝。2003―04シーズンにリーグが始まって以来、初めての3連覇を成し遂げた。また、プレーオフ最優秀選手(MVP)には初戦でハットトリックを達成したハルラのFWキム・ウォンジュンが選ばれた。

 ▽第4戦(韓国安養)

アニャンハルラ 3 1-1 1 王子イーグルス
3勝1敗      2-0   1勝3敗
          0-0

 ▽得点者【ハ】キム・サンウク(キム・ギソン、イ・ドンク)キム・サンウク(リーガン、チョ)イ・ドンク(チョ、シン)【王】佐藤(ベイユ、山田)▽GK【ハ】ダルトン【王】成澤▽シュート数【ハ】30本【王】33本▽反則【ハ】8分【王】2分▽パワープレー得点【ハ】1【王】0▽キルプレー得点【ハ】0【王】0▽観客1345人

 王子が最後の最後で力尽きた。序盤は動きが良く、第1ピリオド6分に佐藤がリバウンドを押し込んで先制。15分に同点とされたが、相手に引けを取らず、ほぼ互角に渡り合った。しかし第2ピリオド28秒、反則で1人少ないキルプレーで勝ち越しを許すと、6分にもハイショットを決められて失点。追い込まれた第3ピリオド、果敢に相手ゴールへ向かったが、ディフェンシブに手堅いプレーを選択する相手に手を焼き、残り1分30秒を切ってGKをベンチに戻し、決死の6人攻撃に転じたが、次の1点が遠かった。

週間ランキング

集計期間 11/14〜11/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から