12

10(月)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

-2 / -4

アイスホッケー

王子6季ぶりV目指す サハリンに連勝、ファイナルへ-IHアジアリーグプレーオフ

2018/3/19配信

 アイスホッケーアジアリーグ・プレーオフセミファイナル(準決勝)=3勝先勝方式=の第4、5戦が17、18の両日、苫小牧白鳥王子アイスアリーナで行われた。苫小牧の王子イーグルス(レギュラーリーグ5位)はロシアのサハリン(同1位)を相手に第4戦を3―2、第5戦を2―1で連勝。通算成績3勝2敗で4季ぶりファイナル(決勝)進出を決め、6季ぶりの優勝を目指す。

 17日の試合を延長戦の末に制し、2勝2敗で迎えた第5戦。王子は第2ピリオドに久慈修平主将、ステファン・ベイユ選手の連続得点で2点をリード。第3ピリオド終盤、サハリンに1点を返され、なお猛攻を受けたが、GK成澤優太選手の好セーブなどで1点のリードを死守した。

 約1200人の観客が詰め掛けた会場で、桜井邦彦監督は「ホームのファンの後押しを感じた」と感謝の意を表し、ファンと共に決勝進出を喜んだ。

 決勝は24日から、白鳥王子アイスアリーナでスタート。3勝先勝方式で行い、王子はリーグ3連覇を狙う韓国のアニャンハルラ(レギュラーリーグ2位)とアジアの王座を懸けてぶつかる。久慈主将は「ホームでファイナルを戦える喜びと感謝の気持ちを込め、頂点を目指して頑張りたい」と言葉に力を込めた。

 日本勢の決勝進出は3季ぶりとなる。

週間ランキング

集計期間 12/03〜12/10

お知らせ

受付

苫小牧民報社から