9

25(月)

胆振の
明日の天気

晴れ

22 / 11

アイスホッケー

「自信持って戦いたい」 王子、ホーム開幕前にあいさつ-IHアジアリーグ

2017/9/13配信

 アイスホッケーアジアリーグ2017―18、王子イーグルスのホーム開幕戦(16、17日、苫小牧白鳥王子アイスアリーナ)に合わせて13日午前、チームの桜井邦彦監督と佐々木勇次マネジャーが苫小牧市役所を表敬訪問し、岩倉博文市長にホーム初戦前のあいさつをした。

 今季のアジアリーグは2日に開幕。王子は開幕シリーズで栃木日光アイスバックスに連勝したが、翌週東北フリーブレイズに連敗を喫し、現在2勝2敗。桜井監督は「元気を失いつつある中、良いタイミングでホーム苫小牧で試合ができる。自信を持って戦いたい」とホームでの巻き返しを誓い、「ホッケータウン・イン・アジアを獲得した昨季同様、温かいご声援をお願いします」と協力を呼び掛けた。

 今季のリーグは、中国のチャイナドラゴンが脱退したため、日本4、韓国3、ロシア1の計8チームで展開。12月24日まで4回総当たり戦のレギュラーリーグを繰り広げ、上位5チームが来年3月3日から始まるプレーオフに駒を進める。岩倉市長は「1試合1試合頑張って。ホーム開幕戦で地元のファンを喜ばせ、盛り上げてほしい」と激励した。

 ホーム開幕シリーズはいずれも同アリーナで午後3時試合開始。王子は韓国のハイワンとぶつかる。また今シリーズを「3000人プロジェクト」と銘打ち、多くの来場を呼び掛ける。

週間ランキング

集計期間 09/18〜09/25

お知らせ

受付

苫小牧民報社から