12

11(火)

胆振の
明日の天気

曇り一時雪

1 / -2

高校野球

春季高校野球室蘭支部予選 組み合わせ決まる

2018/4/27配信

 第57回春季北海道高校野球大会室蘭支部予選(12~19日、とましんスタジアム=苫小牧市営緑ケ丘野球場)の監督・主将会議が27日午前、苫小牧工業高等専門高校で開かれ、A、B2ブロックのトーナメントの組み合わせが決定した。

 Aブロックは、昨秋の全道大会に出場した北海道栄、同室蘭支部予選ブロック準優勝の浦河のシード校がそれぞれ入った。道栄は、大会4日目の第1試合2回戦で苫小牧南―苫小牧東の勝者と激突。浦河は、同日第2試合2回戦で伊達緑丘と室蘭東翔の勝者と顔を合わせる。

 一方のBブロックには、今春のセンバツ甲子園に挑んだ駒大苫小牧が入ったほか、苫小牧西・伊達・白老東、えりも・富川の合同チームがそれぞれ2回戦から登場してくる。駒大苫は、穂別と苫小牧高専の勝者と大会5日目の第1試合で対戦する。

 春季北海道大会(5月28~6月3日、札幌円山球場)出場を懸けた今季最初の公式戦。胆振、日高の単独、合同20チームが出場し、8日間(雨天順延)にわたって白熱した試合を次々展開する。センバツ甲子園に北海道代表として出場し、道大会の出場推薦枠を得ている駒大苫を除いた各ブロックの優勝(上位)チームが、次戦に駒を進める。

週間ランキング

集計期間 12/04〜12/11

お知らせ

受付

苫小牧民報社から