10

24(火)

胆振の
明日の天気

晴れ

16 / 8

高校野球

秋季高校野球室蘭支部予選を振り返って

2017/9/20配信

 第70回秋季北海道高校野球大会室蘭支部予選が9~17日の延べ8日間、とましんスタジアム(苫小牧市営緑ケ丘球場)で開かれ、北海道栄、駒大苫小牧が2年ぶりに各ブロックを制し全道大会(10月1~8日、札幌)切符を獲得した。来春のセンバツ甲子園に向けた1、2年生の新チームによる熱戦の模様を総括する。

 【Aブロック】

 夏の支部予選や南北海道大会でも活躍していた主力の遊撃手清水颯大(2年)をけがで欠いた道栄だったが、「清水の分も」とチームは逆に勢いづいた感があった。打線は準決勝までの3試合で打率4割3分と爆発。特に、リードオフマンの齋藤陸瑠(2年)、4番の佐々木励(同)、9番中原駿(同)が大当たり。切れ目のない打線の完成にひと役買った。

 また、投手の活躍も目立った。大谷室蘭との2回戦で速球派の才木海翔(2年)が完封すると、苫小牧中央との準決勝では「バックを信頼して投げた」と技巧派のエース荒井一帆(同)が気迫の完投。「バッターの目先を変えられる投手陣ができつつある」と渡辺伸一監督は手応えを口にした。

 また、3校合同で今大会に挑んだ苫小牧西・伊達・白老東も初戦で登別青嶺と1点を争う好ゲームを演じ、会場を沸かせた。

 【Bブロック】

 駒大苫小牧が尻上がりに調子を上げた。初戦こそ、夏のエース投手が残る室蘭清水丘に苦戦。「出てはいけないところでミスがあった」(大槻龍城主将)=2年=と少差の勝利となったが、苫小牧東との準決勝では、初スタメンとなった外野手小林海斗(2年)の3安打4打点の活躍もあり大勝した。

 決勝では上位、下位で「2重の攻撃ができる」(佐々木孝介監督)打順構成が功を奏した。3点を先制されたものの、終わってみれば16安打11得点と相手投手陣を粉砕。「自分たちの野球をしていけたところは成長した」と指揮官が評価する勝利だった。

 序盤のピンチで「思い切って投げることができた」と胸を張ったエース大西海翔(2年)の好リリーフも逆転を後押し。2年ぶりの全道大会に弾みがついた。

 苫東は、夏の支部予選などでベンチ入りしていた選手が多く残る苫小牧高専に初戦勝利。1年生エース上野壮士朗の投打にわたる活躍や、控え選手の奮闘が光った。チームの主力を担ってきた3年生が多く抜けた苫小牧工業は、まさかの初戦敗退。浦河は来春以降も上位進出を期待させる戦いぶりを見せた。

週間ランキング

集計期間 10/17〜10/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から