6

26(水)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

25 / 14

主要

とまチョップに審査員特別賞 東京でゆるキャラダンス選手権

2016/1/18配信

 苫小牧市の公式キャラクターとまチョップが東京ドームで8~17日に開催された「ふるさと祭り東京2016―日本のまつり・故郷の味」の人気イベント、ゆるキャラダンス選手権に出場し、審査員特別賞に輝いた。インラインスケートで滑りながら踊る姿が好評を得て、「スケートのまち苫小牧をアピールできた」と、とまチョップも喜んでいる。

 ふるさと祭りは、フジテレビなどでつくる実行委主催のイベント。北海道新幹線開業PRのため、函館市と共に、苫小牧市など胆振日高管内の官民組織「北海道新幹線×nittan地域戦略会議」も参加した縁から、とまチョップがダンス選手権にエントリー。事前にダンスの練習を重ねて臨んだ。

 選手権は、9日に祭り会場で行われ、全国から18体のゆるキャラが出場。EXILE(エグザイル)の元パフォーマーのUSAさんらが審査員を務めた。

 とまチョップは予選、決勝と1分程度の曲に乗せてダンスを披露。特技のスケートを生かし、インラインスケートで滑りながら1度も転ばずに踊り切り、アイスホッケーのスティックさばきも披露した。

 審査の結果、岩手県陸前高田市のマスコットキャラ「たかたのゆめちゃん」が優勝したが、とまチョップは、それに次ぐ審査員特別賞を受賞。苫小牧市の関係者を喜ばせた。

 選手権の様子は動画で近く、とまチョップの公式フェイスブック(会員交流サイト)で公開される予定だ。

週間ランキング

集計期間 06/19〜06/26

お知らせ

受付

苫小牧民報社から