1

21(月)

胆振の
明日の天気

晴れ時々雪

-3 / -6

主要

道南バス駅前案内所が来年3月で閉鎖へ 発券はふれんどビルに集約

2014/11/6配信

 苫小牧駅前バスターミナル1階の道南バス発券・案内所について、建物を所有する市は、来年3月末で閉鎖することを決めた。建物の老朽化が進んでいるためで、発券業務は、同社がJR苫小牧駅南口隣のふれんどビル1階に設けたバス案内所の窓口に一本化する。ターミナルのバス乗降場所に関しては、建物を改修して従来通り利用する。

 ターミナルは鉄骨コンクリート造り5階建て、延べ床面積1万5200平方メートルで、市が1978年11月に開設した。1階のバス乗降場所と、待合所機能を備えた発券・案内所の建物は市の所有。2~5階は、8月末に閉店した駅前プラザエガオの運営会社サンプラザが所有する立体駐車場で、現在不動産会社が管理している。

 建物の老朽化により、市は道南バスとの協議を踏まえ、来年3月31日で発券・案内所を閉鎖。同4月以降の発券業務は、ふれんどビル内のバス案内所に集約させるほか、定期券販売も扱う考えだ。

 閉鎖に伴い、ターミナルのバス待合所機能も無くなるが、市まちづくり推進課は、ふれんどビル1階のまちなか交流センター「COCOTOMA(ココトマ)」の利用を呼び掛ける考えだ。

週間ランキング

集計期間 01/14〜01/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から