5

24(金)

胆振の
明日の天気

晴れ

21 / 11

主要

IR、苫小牧市民に発信 米ハードロック苫小牧支店開設

2019/4/24配信

 「ハードロック」のブランドで世界75カ国、200超のホテルやリゾート、カジノなどを展開する米国の娯楽企業ハードロック・インターナショナル(米国)の日本法人が24日、苫小牧市表町1のビル2階に苫小牧支店をオープンした。海外のIR(カジノを含む統合型リゾート施設)事業者によるオフィス開設は市内3社目で、本格的なショールーム機能を有するのは初めて。23日にプレオープンイベントが開かれ、ハードロック・ジャパンのアド・マチダ社長が「IR情報センターとして道民や苫小牧市民に発信したい」と抱負を述べた。

 同支店はオフィスは延べ床面積は約160平方メートル。受付カウンターを含むパブリックスペースには、同社が考案した苫小牧IR構想のミニチュア模型をはじめ、レディー・ガガなど世界的に有名なアーティストの衣装や楽器などを展示。壁一面にはアイヌアート作品も描いている。常駐社員は1人だが、今後は来場者の動向を見ながら最大3人程度まで増やす予定。地元採用も検討する方針だ。

 23日のプレイベントには地元経済界などから50人以上が出席。同社のエドワード・トレーシー最高経営責任者とアド社長、来賓の岩倉博文市長、IR誘致を推進する北海道IR株式会社の藤田博章社長の4人がギターを使ったユニークな鏡開きで開設を祝った。

 アド社長は道民や苫小牧市民を対象にしたIR説明会などを開く構想を示し、「夏をめどに検討したい。また地元事業者にも来店いただき、参加意向に関するデータベースも作りたい」などと語った。

 一般市民の利用も広く呼び掛けている。営業時間は平日午前9時から午後6時。住所は苫小牧市表町1の1の5黒川ビル2階、電話0144(82)8566。

週間ランキング

集計期間 05/17〜05/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から