12

12(水)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

1 / -2

主要

サンカノゴイやアカモズなど 苫東で希少8種確認-ウトナイ湖サンクチュアリ調査

2018/12/5配信

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリは5日、苫小牧東部地域(苫東)で今年度実施した野鳥の生息調査で、8種の希少種(前年度は7種)を確認したと発表した。初確認されたサンカノゴイをはじめ、アカモズ、シマクイナなどいずれも絶滅の恐れがある野鳥で、同地区の自然環境の豊かさが改めて分かった。

 調査は、2000年度から毎年実施。18年度も野鳥の繁殖期の4~8月に行われた。

 その結果、環境省指定の絶滅危惧1B類(近い将来、絶滅の危険性が高い)のシマクイナ(クイナ科)、アカモズ(モズ科)、チュウヒ(タカ科)、サンカノゴイ(サギ科)のほか、絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大)のタンチョウ(ツル科)、オジロワシ(タカ科)、準絶滅危惧(絶滅危惧に移行する可能性がある)のマキノセンニュウ(センニュウ科)、オオジシギ(シギ科)の生息を確認した。

 今回、12年度以降の調査で初めて声のみ確認できたサンカノゴイは、湿地やヨシ原に生息するサギの仲間。環境の変化で個体数の減少が懸念されている。かつてウトナイ湖周辺でも繁殖が知られていたが近年は記録がなかった。

 このほか、シマクイナは少なくとも5羽生息することが分かったほか、アカモズは最大で3つがいを確認した。

 タンチョウも6年連続で確認。今年は5月下旬から7月中旬にかけてたびたび現れ、幼鳥1羽と成鳥1羽で共に行動する姿も見られた。

 苫東を含む勇払原野は、釧路湿原、サロベツ原野とともに北海道三大原野の一つ。その地域は、鳥類の良好な生息地となっている。

 ウトナイ湖サンクチュアリ・ネイチャーセンターの瀧本宏昭レンジャーは「今回の調査で苫東地域は、全国的に見ても希少な鳥類が生息する場所だと明らかになった」と指摘。「地域内に今後整備される遊水地などがラムサール条約湿地として登録されるように保全活動を進めていきたい」としている。

 野鳥の生息調査結果は例年この時期に公表されているが、日本野鳥の会は希少種への影響を配慮し、詳細な確認場所を明らかにしてない。

週間ランキング

集計期間 12/05〜12/12

お知らせ

受付

苫小牧民報社から