8

18(土)

胆振の
明日の天気

曇り時々雨

23 / 17

主要

ロシアの大富豪が所有の超豪華クルーザー 勇払マリーナ沖に停泊

2018/7/28配信

 苫小牧の勇払マリーナ沖合で27日朝から珍しい形状のクルーザーが停泊し、話題を集めている。

 ロシアの大富豪が個人所有するマーシャル船籍の超豪華クルーザー「モーターヨットA」(5959トン)。全長118メートル、船幅18メートルで独特の形状をした船首が特徴だ。

 同船は今年の春から日本を訪れているといい、苫小牧到着前は博多港、佐賀県唐津港、函館港を経由してきた。同マリーナには27日午前8時半ごろ到着したが、船体が大きいため寄港が難しく、沖合に停泊。船員は船内に格納するゴムボートで行き来している。

 同マリーナには早くも船舶愛好家が駆け付け、珍しいクルーザーを写真撮影。十勝地方の男性会社員(29)は船好き仲間が投稿したインターネット情報交流サイトのフェイスブックの情報を見て来たといい、「こんな珍しい形状をした船を見るのは初めて。すごくかっこいい」と興奮気味に話した。

 出港は8月5日の予定。苫小牧では今月29日に同マリーナで苫小牧ハスカップトライアスロン大会、8月3日からはとまこまい港まつりが開幕予定で、海にちなんだ話題づくりに一役買いそうだ。 

週間ランキング

集計期間 08/11〜08/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から