11

14(水)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

10 / 6

その他のスポーツ

頂点懸け126人熱戦 本道で初、シニアOPゴルフ開幕-ニドムクラシックコース

2018/7/12配信

 第28回日本シニアオープンゴルフ選手権(日本ゴルフ協会主催)=賞金総額8000万円、優勝賞金1600万円=が12日午前、苫小牧市植苗のニドムクラシックコース・ニスパコース(6829ヤード、パー71)で開幕した。北の大地に集結した往年のプロ、アマチュアの名選手、総勢126人の4日間にわたる熱戦の火ぶたが切って落とされた。

 好天に恵まれた初日は予定通り、午前7時に最初の組が1番と10番のティーからそれぞれスタート。大会3連覇を狙う前回優勝のプラヤド・マークセン(タイ)は尾崎直道、加瀬秀樹と10番ホールから繰り出し、前半を終えて2バーディー、4ボギーの2オーバー。後半は一つスコアを落とした。シニアルーキーの伊澤利光も残り3ホールでイーブン。倉本昌弘や谷口徹、西川哲ら注目どころは午後の組でスタートした。

 日本シニアオープンは、1991年に創設した国内シニアゴルフのビッグタイトルを懸けた戦い。日本オープン、日本女子オープンと肩を並べる3大オープン選手権とも言われる。北海道では初開催となった今回は12~15日の4日間で争い、13日の第2ラウンド終了時点で60位タイまでが14日以降のラウンドに進む。

週間ランキング

集計期間 11/07〜11/14

お知らせ

受付

苫小牧民報社から