9

20(木)

胆振の
明日の天気

晴れ後曇り

21 / 14

アイスホッケー

強化合宿で活動開始 女子IH日本代表候補32人参加-苫小牧白鳥王子アイスアリーナ

2018/7/10配信

 2大会連続五輪出場を果たした女子アイスホッケー日本代表「スマイルジャパン」は9日、苫小牧白鳥王子アイスアリーナで今季最初の強化合宿をスタートさせた。4年後の2022年北京五輪を最終ターゲットに見据え、飯塚祐司新監督の下で始動した。FW大澤ちほ(無所属)は「いろんなことを変えていかないといけない。五輪で勝っていくために、自分も変わっていきたい」と意欲をうかがわせた。

 今回招集されたのは、国内のチームに所属する候補32人。先の韓国平昌五輪代表組では、主将を務めた大澤をはじめ、苫小牧出身のDF鈴木世奈(西武プリンセスラビッツ)ら13人。その一方で、高校生のFW黒須若菜(道路建設ペリグリン)、中学生のGK佐々木玲果(トヨタシグナス)ら若い世代が名を連ねた。

 初日は2グループに分かれてそれぞれ1時間ずつ氷上練習を実施。パスやランニングシュートを多く盛り込んだ基本メニューを中心に汗を流した。平昌五輪最年少代表のDF志賀葵(トヨタシグナス)は「スピード感があったし、みんな意識が高い。基礎が多いので、まずその土台をつくっていく」と話し、ベテランの域に入ったFW米山知奈(道路建設ペリグリン)は「個人で集中力を持ってやっていかないといけない。また新鮮な気持ちでやろうと思っています」と心境を語った。

 飯塚新監督は「みんな準備してきている印象だった」と初日を振り返り、「メダルを取るなら今までと同じことをやっていても駄目。2点取られたら3点を取りにいくようなアプローチを仕掛けたい」と方針を示した。

 合宿は13日まで。この間、地元の男子高校生との練習試合も組んでいる。今回の合宿参加選手は次の通り。

 ▽GK 近藤真衣(高須クリニック御影グレッズ)小西あかね(西武プリンセスラビッツ)鳴海沙耶香(釧路ベアーズ)佐々木玲果(トヨタシグナス)

 ▽DF 鈴木世奈、床亜矢可、服部菜那、笹野文香(以上西武プリンセスラビッツ)細山田茜、小池詩織(以上道路建設ペリグリン)桜井乃愛、志賀葵(以上トヨタシグナス)太田こころ(高須クリニック御影グレッズ)関夏菜美(ダイシン)志賀紅音(帯広レディース)

 ▽FW 大澤ちほ(無所属)米山知奈、高涼風、黒須若菜(以上道路建設ペリグリン)藤本もえこ、獅子内美帆、石田彩女、三浦芽依(以上トヨタシグナス)阪本真代、宮崎千里、太田愛、永野元佳乃、小山玲弥(以上西武プリンセスラビッツ)浮田留衣、鈴木花歩(以上ダイシン)青木亜優子(釧路ベアーズ)佐々木愛実(ボルテックス札幌)

週間ランキング

集計期間 09/13〜09/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から