8

26(月)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

23 / 15

主要

室蘭線は路線維持に努力 苫小牧で地域説明会-道交通政策総合指針

2018/5/18配信

 道は17日、3月に策定した北海道交通政策総合指針(計画期間・2018~30年度)の地域説明会を苫小牧市役所で開いた。道内各地で行う取り組みの一環で胆振、日高の自治体関係者や交通事業者、経済団体関係者計27人が出席。道職員が鉄道やバス、航空、物流など道内交通の進むべき方向性について概要を紹介した。

 指針では、JR北海道が単独では維持困難な線区に対し、基本的な考えを明記。JR日高線苫小牧―鵡川間は他の交通機関で代替する可能性も踏まえつつ、地域で検討や協議を進めながら路線の維持に努める。また、同鵡川―様似間は厳しい環境に置かれた路線で、他の交通機関による代替も含め、地域における検討・協議を進める。室蘭線沼ノ端―岩見沢間は住民の利用状況を踏まえ、地域における負担など協議を進めながら路線の維持に努めていく―などとしている。

 説明終了後、出席者から「日高には大きな病院がない。緊急時に備え、道路網を整備してほしい」と意見が出され、道は「高規格道路(日高自動車道)の機能向上、交通ネットワークの整備を進めたい」と答えた。

週間ランキング

集計期間 08/19〜08/26

お知らせ

受付

苫小牧民報社から