10

21(日)

胆振の
明日の天気

晴れ

16 / 9

主要

中国・李首相、来道 あすトヨタ北海道など視察

2018/5/10配信

 東京都内で開かれた9日の日中韓首脳会談出席のため初来日した中国の李克強首相は、10日午後から本道入りする。11日には全国知事会などの主催で札幌市で開催される第3回日中知事省長フォーラムに来賓として出席するほか、苫小牧市のトヨタ自動車北海道などを視察する予定。中国の国家主席や首相が来道するのは、2008年7月の北海道洞爺湖サミットの胡錦濤国家主席(当時)以来10年ぶりとなる。

 約2年半ぶりの日中韓首脳会談に臨んだ李首相は、10日午後に来道予定。夜に札幌市内で開かれる道主催の晩餐会に出席し、高橋はるみ知事と会談する。

 11日には「日中地域間交流の深化と発展」をテーマに、札幌で初めて開かれる日中知事省長フォーラムに来賓として出席。フォーラムには日本側から全国知事会会長の上田清司埼玉県知事ら7道県の知事が、中国側から中国人民対外友好協会の李小林会長らが参加の予定だ。この後、李首相は、苫小牧市のトヨタ自動車北海道の工場を視察。日本の先進的な工業技術への強い関心から視察場所に選んだとみられる。安倍晋三首相も同行する見通しだ。また、恵庭市のえこりん村にも訪れ、離道する。

 高橋知事は9日の定例会見で、李氏と会談するのは06年の訪中時以来であることを明かし「北海道という一地方が日中の友好、協力ムードのさらなる増進に一定の役割を果たすことができることは、大変うれしく思う」と話した。

 日本との経済交流拡大を目指す中国の首相がトヨタ視察で来苫することに、苫小牧市も歓迎。市産業経済部の木村淳部長は「視察をリクエストしてくれたことは大変ありがたい。苫小牧のPRと地元自動車産業の発展につながれば」と期待を寄せた。

 一方、李首相の来道に伴い道警は10、11両日に各所で道路の交通規制を実施する。規制時間は1回10分から20分程度で、警備上の理由から実施の時間帯や回数を公表していない。

 主な対象地区・路線としては、札幌市中心部のほか、苫小牧市の苫小牧港工業地区周辺の国道235号や道道上厚真苫小牧線、新千歳空港周辺の道路や道道泉沢新千歳空港線、恵庭市の牧場・盤尻地区周辺の道道恵庭岳公園線など。道央道や札樽道、日高道の一部区間も対象となる。

 道警は「接続路線も規制の対象になる場合がある。新千歳空港に向かう方などは時間に余裕を持って移動してほしい」と呼び掛けている。

交通規制の対象地区と路線

札幌市中心部
国道274号(札幌新道)、国道5号(創成川通)

新千歳空港周辺
道道泉沢新千歳空港線、新千歳空港周辺道路

恵庭市牧場地区、盤尻地区周辺
道道恵庭岳公園線

苫小牧市 苫小牧港工業地区周辺
国道235号、道道上厚真苫小牧線

札樽道・道央道・日高道
一部区間

週間ランキング

集計期間 10/14〜10/21

お知らせ

受付

苫小牧民報社から