12

16(土)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

-1 / -4

主要

「僕だけがいない街」ドラマ 15日からネット配信放送

2017/12/6配信

 苫小牧出身の漫画家、三部けいさんによる人気漫画「僕だけがいない街」(KADOKAWA刊)の実写ドラマが、15日からインターネット配信サイト「Netflix(ネットフリックス)」で世界同時配信される。原作のモデルとなった苫小牧市内で2月中旬~3月中旬にロケを実施。英語吹き替え版も同時配信され、苫小牧の景色が世界190カ国に届けられる。

 同作は漫画雑誌「ヤングエース」の2012年7月号~16年12月号に掲載。主人公の悟が小学生時代にタイムスリップし、母親を殺害した犯人を探すサスペンスで主要キャストは悟(大人)役を古川雄輝さん、悟の母親役を黒谷友香さん、担任の八代学役を「TEAM NACS(チームナックス)」の戸次重幸さんが務める。

 作品の世界観を再現するため、原作に登場する場所のモデルになった市科学センターや美園小学校をはじめ、市の西町下水処理センター、汐見なかよし公園、夜間・休日急病センターなどで撮影した。美薗小学校前の撮影では、小学生の野球チームの新生台イーグルスと美園スラッガーズの子供たちも登場。市民110人がエキストラ参加している。

 市産業経済部観光振興課の担当者は「今回の配信をきっかけに、国内外の方々から苫小牧に目を向けてもらえたら」と期待を込める。

 Netflixは世界最大級のインターネット配信サイト。登録制で、月額1000円前後で利用できる。

週間ランキング

集計期間 12/09〜12/16

お知らせ

受付

苫小牧民報社から