11

22(水)

胆振の
明日の天気

曇り後雨

8 / 1

主要

苫東で希少野鳥7種確認 自然の豊かさを裏付け

2017/11/10配信

 日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリは10日、苫小牧東部地域(苫東)で今年度実施した野鳥の生息調査で、7種の希少種を確認したと発表した。絶滅の恐れのあるアカモズやシマクイナ、チュウヒなどで、苫東の自然の豊かさを改めて示した。野鳥の会は「調査結果は苫東の自然を守る意義を裏付けるもの。一部地域がラムサール条約湿地に登録されるよう活動を進めたい」としている。
 
 調査は2000年度から毎年行っており、今年度も4~8月の繁殖期に調べた。この結果、昨年と同様、環境省指定の絶滅危惧1B類(近い将来、絶滅の危険性が高い)のシマクイナ(クイナ科)、アカモズ(モズ科)、チュウヒ(タカ科)の他、絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大)のタンチョウ(ツル科)、オジロワシ(タカ科)、準絶滅危惧(絶滅危惧に移行する可能性がある)のマキノセンニュウ(センニュウ科)、オオジシギ(シギ科)の7種の希少種の生息を確認した。
 
 この中でチュウヒは、9月21日に「種の保存法」(絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律)の一部改正で、希少野生動植物種に指定された保護対象の野鳥。開発などによる環境悪化で繁殖地が少なくなっている種で、国内に生息するつがいは90程度と推測され、絶滅が心配されている。この中で野鳥の会は、今回の調査で苫東の3カ所でつがいの繁殖行動を確認。サンクチュアリの瀧本宏昭レンジャー(30)は「全国的に見ても苫東はチュウヒの生息地、繁殖地として重要な地域と改めて分かった」と語る。
 
 また、シマクイナは少なくとも9羽の声を確認。アカモズは最大で3つがい6羽が生息していることが判明し、タンチョウは5年連続の飛来となった。オオジシギは77羽確認したが、2000年の調査と比べ約3割減少。繁殖場所の草地の消失などが背景にあるとみられる。
 
 苫東を含む勇払原野は、釧路湿原、サロベツ原野と共に北海道三大原野の一つに数えられる地域。野鳥の会は「今回確認された7種のうちオオジシギを含む6種は、湿地または草地に生息する鳥類。これらの希少鳥類の生息環境を将来にわたり保全していく必要がある」としている。

週間ランキング

集計期間 11/15〜11/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から