9

25(月)

胆振の
明日の天気

晴れ

22 / 11

主要

国道276号に謎の看板 誰が何のために?「ワニ」「姫様」…

2017/9/7配信

 今月に入り、苫小牧市高丘から丸山にかけての国道276号沿い約15キロ区間に、「ワニ」「姫様」「殿様」などの文字が書かれた不審な看板9枚が突然現れた。誰が何のために設けたかは分かっていないが道路用地の不法占用に当たり、管理者の室蘭開発建設部は設置者を特定し、撤去を求める構え。書かれている文字が何を意味するのかも不明で、インターネット上でも「謎の看板」として話題になっている。

 看板は高さ約1・5メートルの木製。白く塗られたA4判ほどのベニア板に赤い塗料やビニールテープで文字が記され、国道の側面と森の境目に角材で打ち込まれている。

 高丘霊園から支笏湖方面へ進むと、まず左手に「殿様」の看板が登場。その後は「ワニ」、「姫様」、「王様」の順で丸山の交差点付近の「原様」まで2~3キロ程度の間隔で続く。「原様」を起点に苫小牧方面に折り返すと、反対側にも同様の看板が立ち並び、「殿様」以外は2枚ずつで、計9枚あった。看板の背後は森で周辺に小道などはなかった。

 通勤で国道276号を利用する苫小牧市双葉町の山口裕己さん(72)は「不思議な看板。誰が何のために立てたのか気になる」と語る。周辺環境に詳しい支笏湖ビジターセンター(千歳市)の男性スタッフも「職員間で話題になっているが、設置目的は分からず首をかしげている」と言う。

 個人が自由に発信できる短文投稿サイト「ツイッター」やブログでも看板の写真と共に取り上げられ、「誰か意味を教えて」などと情報提供を呼び掛けている人もいる。

 室蘭開建苫小牧道路事務所は、今月1日の道路パトロールで認知。設置者の特定を急ぐ。来週中に設置者を特定できなければ、速やかに撤去する方針だ。

 担当者は「道路法に抵触する不法占用で、ドライバーの脇見運転にもつながりかねない」と指摘。「立てた人に撤去を促すが、見つからなかった場合には強制的に撤去することになる」と話している。

 室蘭開建や札幌開建、国有林を管理する胆振東部森林管理署によると、国道276号周辺で過去にこうした事例の報告はないという。

週間ランキング

集計期間 09/18〜09/25

お知らせ

受付

苫小牧民報社から