6

14(月)

胆振の
明日の天気

くもり 所により 雨 で 雷を伴う

19 / 14

主要

社長そっくりの銅像登場 ノーザンホースパーク

2017/8/24配信

 苫小牧市美沢のノーザンホースパークの敷地内に設置された同パークの吉田勝已社長の銅像が、精巧な作りで来場者の人気を集めている。本物そっくりで、体に触れてみたり、横に並んで記念撮影したりする観光客も多い。

 銅像は着色されたブロンズ製で重さ317キロ。「Warm Wind From the North~あたたかい北風~」と題され、ベンチに座りながら厳しくも優しいまなざしでスタッフと馬を見守る吉田社長の姿を表現している。

 ベンチには、社長愛読の競馬新聞の造形物も。米国の彫刻家で、本物そっくりな等身大人物像を作ることで有名なスワード・ジョンソンさんが制作した。同パークのパーティーレストラン「ディアド ブエナビスタ」前の芝生に設置されている。

 銅像は7月、大馬主として知られる横浜市のIT関連会社図研の金子真人社長が同パークに寄贈した。吉田社長が経営するノーザンファーム生産の所有馬5頭で八大G1競走(桜花賞、皐月賞、オークス、ダービー、春と秋の天皇賞、菊花賞、有馬記念)を2015年秋に個人馬主として初めて制覇した記念。

 銅像は7月上旬に設置以来、親子連れが興味深そうに観察したり競馬ファンが記念撮影したりして人気となっている。東京から家族6人で同パークに観光に来て銅像に触れていた向井愛衣(あい)さん(9)は「遠くから見たら本物の人だと思った。近づいたら銅像だったので驚いた。とても楽しい」と笑顔を見せた。

紙面ビューアー
ニュースカレンダー

週間ランキング

集計期間 06/07 〜 06/14

受付

苫小牧民報社から

クリップ保存しました
マイページへ
クリップ削除しました
マイページへ
会員登録するとクリップ登録機能が使えます。
詳しくはこちら