8

18(金)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

22 / 18

主要

スプレー缶爆発、今年度すでに3件 ごみ収集車火災相次ぐ

2017/8/10配信

 苫小牧市内でごみ収集車の火災事故が相次いでいる。6月以降、毎月1回のペースで発生。いずれも空き缶など資源ごみの回収時に起きており、混入したスプレー缶が収集車の荷台内部で爆発したとみられる。市の担当者は「廃棄する際は必ず透明の袋にスプレー缶だけを入れ、燃やせないごみの日に出してほしい」と分別の徹底を呼び掛けている。

 市ゼロごみ推進課によると、ごみ収集車の火災事故は2003年度の19件をピークに年々減少。近年は14、15年度が各1件、16年度3件となっている。しかし、今年度はハイペース。6月に音羽町、7月に三光町で発生し、いずれも収集作業員が消火器で自力消火した。今月も3日にウトナイ地区で起き、駆け付けた消防車が荷台のごみを道路上に広げて散水して消し止めた。

 同課の浅野目淳主査は車両火災について、「スプレー缶などが混入した資源ごみを荷台内で圧縮した際にガスが漏れ、摩擦の火花で引火したのが原因とみている」と説明。すでに前年度と同数に達した発生状況に危機感を示した。

 市によると、整髪料や殺虫剤、卓上こんろ用ガスボンベなどのスプレー缶は「有害ごみ」の扱い。多くの市民は適切に廃棄しているが、浅野目主査は「空き缶など資源ごみと一緒に廃棄できると勘違いしている人も一部でいるようだ」と言う。ごみ収集車は1台で1000万円以上と高額。今年度の一連の火災では全損には至らなかったが、廃車になった場合の経済的損失も大きい。収集現場では作業員がごみ袋の中身を確認するなどの対策も行っているが、「一番大切なのは市民の理解と適切な分別」と話す。

 秋以降は鍋物需要でカセットこんろのガスカートリッジの使用が増える時期。「スプレー缶は使い切りが原則だが、中身が残っているものでも無料回収している。市民の皆さんには改めて分別方法を正しく知ってもらい、事故の未然防止に協力してほしい」としている。

週間ランキング

集計期間 08/11〜08/18

お知らせ

受付

苫小牧民報社から