7

28(金)

胆振の
明日の天気

曇り時々晴れ

25 / 18

主要

とまチョップ、ふなっしー、くまモン登場 苫小牧にご当地キャラ103体集合

2017/7/8配信

 全国各地のご当地キャラクターが集結する「ご当地キャラふれんどフェスティバルinとまこまい」(実行委主催)が8日、2日間の日程で苫小牧市末広町の出光カルチャーパーク(市民文化公園)を主会場に開幕した。初日午前中から大勢の家族連れやご当地キャラファンが集まり、キャラクターのパレードやステージショーなどを楽しんだ。

 全国から103体が集まる道内最大級のご当地キャライベント。午前8時半から同パークで行われたオープニングセレモニーで、実行委員長の岩倉博文市長は「2日間、楽しいひとときを過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 その後、同パーク噴水前から市総合体育館までの約450メートル区間でパレード。苫小牧市の「とまチョップ」、むかわ町の「シスト男爵」、厚真町の「あつまるくん」など地元をはじめ、千葉県船橋市の「ふなっしー」、熊本県の「くまモン」といった人気キャラが行進し、来場者を喜ばせた。

 屋外ステージでは出演キャラのショーが次々に展開され、来場者はカメラを向けたり、声援を送ったりと大興奮。総合体育館では国民的人気の「ふなっしー」ショーも。とまチョップもステージに上がり、コミカルな掛け合いと動きで会場を沸かせた。体育館では大運動会も行われ、子供たちとキャラクターが玉入れなどで触れ合った。

 屋外フードコートには道内各地のご当地グルメを堪能できる27店が並び、人気を呼んだ。

 9日も午前9時から午後4時の時間帯で、初日と同様のプログラムが組まれている。実行委は期間中の来場者数を約5万人と見込んでいる。

週間ランキング

集計期間 07/21〜07/28

お知らせ

受付

苫小牧民報社から