6

27(火)

胆振の
明日の天気

晴れ時々曇り

22 / 12

主要

こいのぼりクッキー人気 目がハートのレア商品も

2017/4/20配信

 NPO法人苫小牧市手をつなぐ育成会が運営する障害者就労支援施設、ワークセンターるーぷとよかわ(豊川町3)では、春の季節限定商品「こいのぼりクッキー」の製造がピークを迎えている。こいのぼり型に抜いたクッキーが詰まった袋に、折り紙のかぶとをかぶせた。6枚入り150円(税込み)。プレーン味とココア味が3枚ずつ入っていて、かわいらしい見た目と手頃な価格で人気を集めている。

 ワークセンターるーぷとよかわでは就労支援を受ける障害者ら15人が、洋菓子製造に取り組んでいる。看板商品のクッキーは季節のイベントを意識した期間限定商品も打ち出しており、中でもこいのぼりクッキーは一番の人気商品という。これまでは9枚入りで展開してきたが、今年は一度で食べきれるよう6枚入りにリニューアル。市内各所で3月中旬から販売を始め、売れ行きは上々。特に今月中旬以降はこどもの日のイベントに合わせた注文も入っており、製造のピークは28日ごろまで続く見通し。

 道の駅ウトナイ湖、市役所売店、コープさっぽろパセオ川沿店内の福祉ショッププチハウス、フードD Vian(ビアン)店などで販売。取り扱い期間は5月7日までだが、在庫がなくなり次第終了となる。サブマネジャーの佐藤和子さんは「商品の中には目が通常の丸形ではなくハート型のレアクッキーもある。一品一品手をかけ心を込めて作っているので、ぜひ地域のイベントでも活用してもらえたら」と話す。

 問い合わせはワークセンターるーぷとよかわ 電話0144(71)3340。

週間ランキング

集計期間 06/20〜06/27

お知らせ

受付

苫小牧民報社から