11

22(水)

胆振の
明日の天気

曇り後雨

8 / 1

白老・胆振東部・日高

大好きなクマに永遠の愛誓う 東京の青木さん夫妻が熊前式

2016/9/26配信

 登別市ののぼりべつクマ牧場で23日、人前式ならぬ”熊前式(くままえしき)”による結婚式が行われ、東京都のクマ好きカップルがヒグマたちの前で愛を誓った。牧場側にとっては59年の歴史で初めて。職員2人が立会人となり式を挙行。クマたちも声援を送り、新たな門出を祝福した。

 式を挙げたのはシステムエンジニアの青木宣明さん(42)と看護師の和田加穂里さん(40)。共に東京都在住で、2012年にインターネットを通じた交流サイト「SNS」のクマ好きが集まる場所で知り合い意気投合し、交際を始めてからは毎年9月にのぼりべつクマ牧場を訪問。昨年の来園時に青木さんからプロポーズをして婚約が決まったという。

 結婚式はクマ牧場で―という2人の強い申し出に牧場側も全面協力。ウエディングドレスとタキシード姿で登場すると、観光客などが大きな拍手で結婚を祝福した。式では同牧場の鳴海誠飼育課長と営業課の菊地浩平さんが立会人となり、結婚証明書にも署名した。

 「ヒグマが大好き」という2人だが、中でもお気に入りなのは第1牧場にいるテツロウ(10)。高さ4メートルのやぐらの上から餌をねだるのが上手な雄のヒグマで、「昨年テツロウの前でプロポーズをしたので、ぜひ結婚の承認もしてほしかった」。青木さん夫妻や鳴海課長の呼び掛けに応じるようにやぐらに登り、一緒に記念写真にも収まった。

 青木さんは「とても幸せ。クマ牧場にはこれからも夫婦で毎年来たいですね」と笑顔で話していた。

週間ランキング

集計期間 11/15〜11/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から