7

22(月)

胆振の
明日の天気

曇り後一時雨

20 / 17

白老・胆振東部・日高

好天で盛況 2日間で2万人-あびら夏!うまかまつり

2019/7/9配信

 安平町の夏を彩る一大イベント「第11回あびら夏!うまかまつり」(同まつり実行委員会主催)が6、7の両日、同町早来北進のときわ公園屋外スケートリンクで開かれた。連日好天に恵まれた中、2日間で延べ2万人が来場(主催者発表)。充実のステージショーや地元の特産品などをそろえた出店が並び、多くの家族連れなどが夏祭りを満喫した。

 初日は地元特産のアサヒメロンの早食い競争、キッズチアダンスをはじめとする多彩な催しを展開。YOSAKOIソーランでは地元のジュニアチーム「TEAMりむぜ」、北大の「縁」が出演し、迫力満点の演舞で観客を楽しませた。

 本祭の7日は、追分高、早来中の吹奏楽部が力強い演奏を披露。昼には今年のメインとなる和田アキ子さんのものまねで知られるMr.シャチホコさんが登場し、ユニークなトークやものまねショーで会場を盛り上げ、特設ステージ前にはあふれんばかりの観客が詰め掛けた。また地元特産品のアサヒメロンやアンガス牛などは連日早々に完売する盛況ぶり。各出店も食を求める人たちでにぎわいを見せた。

 実行委によると、祭りの来場者は、昨年9月に発生した胆振東部地震の影響で、例年初日のメインにしている花火大会が中止になったこともあり、初日は落ち込んだが、「本祭はシャチホコさんの出演もあって、予想以上に来場があった」と話す。JR室蘭線を利用した来場者に商品券を配布するイベントも2日間行ったことで昨年より100人増の186人が利用し、券を受け取った。

週間ランキング

集計期間 07/15〜07/22

お知らせ

受付

苫小牧民報社から