7

20(土)

胆振の
明日の天気

曇り

20 / 17

白老・胆振東部・日高

小中学校やコミセンなどに公衆無線LAN 災害発生時の避難場所に-白老

2019/5/16配信

 白老町は全小中学校と災害時の避難場所となる白老コミュニティセンターなど公共施設4カ所に公衆無線LAN「白老 Free Wi―Fi」を整備した。大規模災害発生時でも情報伝達手段を確保できるとともに、平常時でも来館者が無線LANを活用できるよう環境を整備した。

 災害発生時の情報伝達手段を確保するための総務省の補助金を活用。災害発生時に避難場所となる小中学校と白老コミセン、町総合体育官、町総合保健福祉センター、仙台藩白老元陣屋資料館の公共施設4カ所に公衆無線LANを整備した。

 公共施設での無線LAN利用に当たっては、災害発生時以外の平常時にも利用でき、スマートフォンなどの端末から「白老Free Wi―Fi」を選択。犯罪利用を防止するため、初回のみブラウザーを起動した際に、インターネット交流サイト(SNS)アカウントもしくはEメールアドレスによる登録が必要だ。小中学校では平常時は授業で活用し、災害時には接続方法を案内する。

 町は「災害発生時には通常の回線よりもネットに接続しやすくなる。また、平常時には町からの観光や防災に関する情報発信に活用できるので、今後、特に外国人観光客のニーズにも対応できるのでは」と話している。

週間ランキング

集計期間 07/13〜07/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から