4

23(火)

胆振の
明日の天気

晴れ後一時雨

17 / 4

白老・胆振東部・日高

3万人超の笑顔あふれる「8000人の笑顔プロジェクト」 安平早来小、写真展示会に400人

2019/3/26配信

 安平町の早来小を今月卒業した6年生たちが胆振東部地震からの復興を目指して取り組んだ「8000人の笑顔プロジェクト」で集めた3万4876人分の写真の展示会が23、24日、同校の体育館であった。訪れた人たちは会場の壁を埋め尽くした笑顔の写真に圧倒されていた。

 プロジェクトは地震で被災した町に元気を取り戻したいと6年生26人が提案して昨年11月に開始。町の人口とほぼ同じ8000人の笑顔を集めることを目標にしていたが、児童たちの活動はインターネット交流サイト(SNS)などで広がり、モンゴルやペルーなど海外からも写真が寄せられ、目標の4倍超の笑顔が集まった。

 今月12日の報告会で一般に公開したが、より多くの人に見てもらおうと町教育委員会の主催で実施した。

 2日間で約400人が来場。安平近郊の町のほか釧路市や旭川市、帯広市、遠くは香川県高松市から訪れた。会場のスクリーンには報告会の様子が放映された。また、撮影会もあり、来場者たちは安平町への応援メッセージを紙にしたためて手に持ち、町復興ボランティアセンターのボランティアらがカメラに収めた。写真は来月開業する道の駅に展示する予定という。

 友人たちと会場を訪れた町内に住む本野キエさん(71)は「子どもたちがこれだけの人数分の写真を集めるのは大変なこと。笑顔の写真から笑顔をもらいました」と話していた。

 町教委によると今後の展示会の計画は現段階では「ない」とし、写真の取り扱いについては「しばらくは保管していくが、どうするのかこれから検討していきたい」としている。

週間ランキング

集計期間 04/16〜04/23

お知らせ

受付

苫小牧民報社から