4

24(水)

胆振の
明日の天気

雨後曇り

14 / 8

白老・胆振東部・日高

6年間の思い出胸に学びや巣立つ 胆振東部の4小学校で卒業式

2019/3/20配信

 胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真町とむかわ町の小学校4校で19日、卒業式が行われ、児童たちが6年間の思い出を胸に学びやを巣立った。

 式典が行われたのは厚真中央小と上厚真小、鵡川中央小と穂別小の4校。このうち厚真中央小では卒業生30人が1人ずつ体育館のステージに登壇し、「看護師になって多くの人を助けたい」「かっこいい自動車を設計したい」などと将来の夢などを発表。池田建人校長から一人一人に卒業証書が手渡された。

 池田校長は卒業する児童たちに「胆振東部地震ではさまざまなことを経験した。全国の人が応援しているので力強く前に進んでいってほしい」と、はなむけの言葉を贈った。

 式後、星野陽平さん(12)は「地震があって大変だったけど無事に卒業できてうれしい」と話し、仮設住宅で家族と生活している深澤菜々美さん(12)は「中学校では吹奏楽に挑戦したい」と笑顔で目標を語っていた。

 地震で体育館が被害を受けたむかわ穂別小では校舎内のホールで式典を開催した。このほか安平町内の4校とむかわ宮戸小は20日に式典を行った。

 各町の教育委員会などによると、3町の卒業児童数は厚真町50人、安平町60人、むかわ町54人となっている。

週間ランキング

集計期間 04/17〜04/24

お知らせ

受付

苫小牧民報社から