8

23(金)

胆振の
明日の天気

雨

20 / 18

白老・胆振東部・日高

特産品販売で復興支援 道商連、被災3町に88万円寄付

2019/3/18配信

 全道123の商店街が加盟する北海道商店街振興組合連合会は15日、胆振東部地震で被害が大きかった厚真、安平、むかわの3町にそれぞれ88万円を寄せた。菊池恒理事長が各町の役場を訪れて手渡した。

 被災地の特産品を販売して復興を支援していこうと昨年11月から今年2月にかけて実施。同会の呼び掛けに68商店街が協力し、ハスカップやチーズ、シシャモなどを販売した。今回、その売り上げの一部と買い物客らが寄せ書きした応援メッセージを寄せた。

 早来地区の店舗が多数被災した安平町では、及川秀一郎町長が菊池理事長から義援金の目録と応援メッセージを受け取った。菊池理事長は「商店街の復興に役立ててほしい」と話していた。

 及川町長は「商店街の団結力の強さを実感した。町に大きな力を頂いて、感謝しています」と礼を述べた。

週間ランキング

集計期間 08/16〜08/23

お知らせ

受付

苫小牧民報社から