7

20(土)

胆振の
明日の天気

曇り

20 / 17

白老・胆振東部・日高

安平の震災復興基本方針 住環境など四つの方向性

2019/3/5配信

 安平町は、昨年9月の胆振東部地震からの地域再生に向けてつくる「復興計画」の方向性を示す「震災復興基本方針」を明らかにした。計画は、住民懇談会などで町民の意見を聞き、年内に策定する。

 2月に内容をまとめた。基本方針は四つ。被災者が安心して暮らすための住環境を整備する「住まいと暮らしの再建」と防災対策を進める「災害に強いまちづくり」、農商工業を支えて地域の活力を取り戻す「産業・経済の再生」、「未来へつながる復興」―。期間は2019年度から22年度までの4年間となっている。

 復興計画には住民の意見も反映させる。町民アンケートを4月に実施、5月から6月にかけ早来と追分、安平、遠浅の4地区で懇談会を実施して意見を聞く。また、復興計画に詳しい有識者のアドバイスや提案も求めていくという。

 町政策推進課は「安心して暮らしていけるまちづくりを進めていくことで、町外に流出した人たちが戻ってきてもらえれば」と話していた。

 安平町の住宅被害は全壊が93棟、半壊が356棟、一部損壊が2432棟であり、17人がけがを負った。

週間ランキング

集計期間 07/13〜07/20

お知らせ

受付

苫小牧民報社から